ballet addict

大人バレエを思いっきり楽しむための情報ブログ

メゾン・ドゥ・バレエ南青山 第2回スタジオパフォーマンス鑑賞

f:id:logue5:20191120155217j:plain

友人が出演するメゾン・ドゥ・バレエ南青山の第2回スタジオパフォーマンスを観に行きました。

メゾン・ドゥ・バレエ南青山は牧阿佐美バレヱ団・橘バレエ学校公認の大人のバレエ教室。第1回も観ているのですが、今回もとても見応えがありました。

 

牧阿佐美バレヱ団・橘バレヱ学校公認 MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)

 

メゾン・ドゥ・バレエ南青山 第2回スタジオパフォーマンス

2019年11月17日(日)14:30〜15:45

 

第1部 小品集 14:30〜15:00

オリジナル作品とバリエーション

第2部 群舞 15:15〜15:45

パキータより第2幕

ゲストダンサー(牧阿佐美バレヱ団)

パキータ:佐藤かんな

リシュアン:石田亮一

第1バリエーション:阿部千尋

第2バリエーション:上中穂香

 

開催場所は牧阿佐美バレヱ団のスタジオ!

f:id:logue5:20191120151351j:plain

前回同様、スタジオパフォーマンスは牧阿佐美バレヱ団2階のスタジオで開催されました。JR中野駅から徒歩10分ほどの場所にあります。こんなときしか中には入れないと思うので、貴重な機会です!

普通のスタジオにパイプ椅子が5列ぐらい置いてあり、その席で鑑賞します。前回も今回も満席でした。チケットも早々に売り切れてしまうようです。

舞台と段差がある訳ではないので1列目以外は、ほとんど足元が見えません。前回は一番後ろの列で立って鑑賞しました。今回は早く行こう!と思っていたのですが、用事があって到着は開演15分前ぐらいに到着。もう3列めまで完全に埋まっていました 涙

仕方なく今回も後ろの席で、立ったり座ったりで鑑賞。次こそ早く行こう!

スタジオの脇では、指導の先生方が見守られていました。ヴァリエーションを指導されていた青山季可さんの美しいお姿も。

 

第1部 小品集

前回は1作品でしたが、今回は9作品!

オリジナル作品、ジゼル2作品、ドンキ、海賊2作品、海と真珠、エスメラルダ、チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ。

オリジナル作品は3人、バリエーションは1人と2人の作品がありました。

客席がとても近く、照明も明るいので、ホールでやる発表会よりも緊張しそう…。でも、みなさん堂々としっかり踊られていました。難しそうなバリエーションが多かった…

ちょっと珍しかったのは「海と真珠」の「真珠の踊り」。大人の発表会やスタジオパフォーマンスでは初めて観たかもしれません。お名前からすると、姉妹か双子かと思われるお二人が踊られていました。息もぴったりで、とても可愛かった!

 

第2部 パキータ第2幕

ソリストは牧阿佐美バレヱ団のゲストダンサーのみなさん、生徒さんは群舞です。

生徒さんはポアントとバレエシューズ、どちらの方もいらっしゃいました。

 第1回はジゼルの群舞でした。大人バレエで白ものバレエのコールドをやる機会ってまずないので、うらやましかった。実際にやると、相当きつい踊りのようですが 笑

今回はパキータ。パキータは以前発表会で群舞をやったことがあるのですが、ドンキともまた違う、独特の雰囲気があって大好きな作品です。

群舞はとても揃っていて、繰り返し練習されたことが伝わって来ました。複雑なフォーメションも、乱れることなく。

ゲストダンサーの方の踊りは、やっぱり迫力がすごい。あんな間近でプロの方の踊りを観られる(しかも衣装付きで)なんて得した気分です。

パキータ役の佐藤かんなさんは背が高くて手足が細く長く、エトワールのバリエーションが素敵でした。二つのバリエーションは、パキータの第4バリエーションと、もう一つは多分第1…?(汗)こちらは小柄なお二人が軽快に踊られていました。二つ目のバリエーションを踊った上中さんは、前回ジゼルで出演されていましたが、役が変わるとガラッと雰囲気も変わり、お名前を確かめるまでわかりませんでした。

 

プロのバレエ公演を観るときは、自分のバレエのことはほとんど念頭ありません。完全な棚上げ状態 笑

発表会やスタジオパフォーマンスを観ると、やはり自分のバレエのことを考えてしまいます。目立ってきれいに見える人は、じっくり観察して秘密を探り、このバリエーションは自分でも挑戦できるだろうかと考え…

そして全ての出演者に心の中でエールを送ってしまう…人ごととは思えない 笑

 

出演者のみなさま、お疲れさまでした!

 

★最後までお読みいただきありがとうございました。