ballet addict

大人バレエとバレエ鑑賞を楽しむための情報発信ブログ

2022年の『NHK バレエの饗宴』が楽しみ!【バレエ公演情報】

f:id:logue5:20200107132237j:plain

『NHK バレエの饗宴』、今年のプログラムと出演者が発表されましたね。豪華出演者による魅力的な演目!

内容を見て、「今年は絶対観に行く」と決めました。

NHKバレエの饗宴 公式サイト

 

公演概要

『NHK バレエの饗宴』

2022年8月13日(土)14:00開演 

会場:NHKホール

指揮:冨田実里
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

「Pas de quatre 」パ・ド・カトル

振付:アントン・ドーリン
音楽:プーニ

出演:中村祥子(Kバレエカンパニー名誉プリンシパル)
   金子扶生(英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル)
   菅井円加(ハンブルク・バレエ団プリンシパル)
   永久メイ(マリインスキー劇場バレエ団ファーストソリスト)

このメンバー、豪華すぎませんか!

初演時はグラーン、グリジ、チェリート、タリオーニという4人のスターダンサーたちの夢の共演企画だった「パ・ド・カトル」。まさに作品のコンセプトにぴったりの出演者です。

誰がどのパートを踊るかも気になります。

「パ・ド・カトル」のソロパートは年が若い順らしいですから、その法則でいくと…

ルシル・グラーン:永久メイ

カルロッタ・グリジ:菅井円加

ファニー・チェリート:金子扶生

マリー・タリオーニ:中村祥子

どうでしょう?なかなか、はまっている気がします。少なくとも大御所タリオーニは中村祥子さんでしょうね。

「Variations for four 」バリエーション・フォー・フォー

振付:アントン・ドーリン
音楽:キーオ

出演:厚地康雄(元バーミンガム・ロイヤル・バレエ団プリンシパル)
   清瀧千晴(牧阿佐美バレヱ団プリンシパル)
   吉山 シャール ルイ・アンドレ(ヒューストンバレエ団プリンシパル)
   中島瑞生(新国立劇場バレエ団アーティスト)

恥ずかしながら、この作品を知りませんでした。動画をみると4人の男性ダンサーが踊りを競い合う男性版「パ・ド・カトル」みたいな感じ…と思ったら、振付のアントン・ドーリンは「パ・ド・カトル」の再構成を手がけた人でした。「パ・ド・カトル」の原振付は失われていて、現在上演されているのはアントン・ドーリン版なんですね。

 

本題と関係ないですが、バレエ団のスターが集結している「Variations for four」の動画。チュージンやムンタギロフが美しい…。

www.youtube.com

 

こちらの演目の出演者も豪華。

出演者のひとり、厚地康雄さんはバーミンガム・ロイヤル・バレエ団を退団し、この3月には帰国予定。英国から日本に拠点を移すようなので、舞台を観る機会が増えそうで嬉しいですね。上の動画でチュージンが踊っているパートは厚地王子が踊ると予想。

そして、個人的に今最も注目している中島瑞生さんが出演するではありませんか!これは嬉しい。

中島瑞生さんに注目するきっかけになった公演の感想はこちら↓

www.balletaddict.com

吉山 シャール ルイ・アンドレさんは2019年の『バレエの饗宴』にも出演しています。その舞台は見逃しているので、こちらも個人的には嬉しい再登場。

「ウェスタン・シンフォニー」

振付:ジョージ・バランシン

音楽:ケイ

出演:スターダンサーズ・バレエ団

幅広いレパートリーを誇るスターダンサーズ・バレエ団。アメリカの西部開拓時代を舞台にしたバランシン作品「ウェスタン・シンフォニー」は、2021年のトリプル・ビルでも上演されています。

「セレナーデ」や「ジュエルズ」とは大きく趣の異なる、バランシン作品を観る貴重な機会となりそうです。

「牧神の午後への前奏曲」

振付:平山素子
音楽:ドビュッシー
出演:小㞍健太 ほか

詳細が発表されていませんが、2013年に新国立劇場中劇場で上演された平山素子さん演出・振付・出演の『TripTriptychフランス印象派ダンス』のなかで、ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」が使われています。この公演には小㞍健太さんも出演。再演といっていいのか、新たな振り付けなのか。そして、出演が「小㞍健太 ほか」となっているのは…?詳細を楽しみに待ちたいと思います。

 

「ロメオとジュリエット」からバルコニーのパ・ド・ドゥ

振付:レオニード・ラヴロフスキー
音楽:プロコフィエフ
出演:永久メイ、ビクター・カイシェタ(マリインスキー劇場バレエ団セカンドソリスト)

マリンスキー劇場バレエ団で永久メイさんとたびたび共演しているビクター・カイシェタはブラジル出身。

ふたりとも、ロシアのバレエ・メディア「La Personne」のマリンスキー・バレエの7人の外国人ダンサーの特集「Special project Foreigners in St. Petersburg」に登場しています。

Victor Caixeta – La Personne

May Nagahisa – La Personne

永久メイさんのインスタグラムより。ふたりで共演した2020年3月の「ロミオとジュリエット」の投稿。これが日本で観られるんですね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

May Nagahisa🌸永久メイ(@may__nagahisa)がシェアした投稿

 

「ドン・キホーテ」からグラン・パ・ド・ドゥ

振付:マリウス・プティパ、アレクサンドル・ゴルスキー
音楽:ミンクス
出演:菅井円加、吉山 シャール ルイ・アンドレ

菅井円加さんと吉山 シャール ルイ・アンドレさんはちょっと意外な組み合わせ。

ドイツとアメリカで活躍するおふたり。経歴を見る限りでは接点が見つかりませんが、初共演…でしょうか??

菅井円加さんは昨年の世界バレエフェスティバルでの大活躍が記憶に新しい。今回も素晴らしいキトリを観せてくれることでしょう!

金森穣振付作品(新作)

振付:金森穣
音楽:未定
出演:中村祥子、厚地康雄

詳細はまだ発表されていませんが、中村祥子さんと厚地康雄さんが踊る金森穣さんの新作!!楽しみです。

 

 

おわりに

今年の夏には、安心して劇場に足を運べるようになっているといいな。

このプログラムが予定通り開催されることを祈ります!

★最後までお読み頂きありがとうございました。