ballet addict

大人バレエを思いっきり楽しむための情報ブログ

SNSで評判のバレエダンサーがデザインするレオタード

f:id:logue5:20191008204656j:plain

バレエレッスンのモチベーションを高めてくれるバレエウェア。

どこで買っていますか?

 

私の場合、バレエをはじめた時は、まずチャコット。それからシルビアやミルバ。さらにオンラインショプと購入先は少しずつ増えてます。

私のように週1〜2回程度のレッスン頻度だと、そんなにダメにならないし、そこまで枚数もいらないのですが、素敵なものを見かけるとついつい欲しくなってしまう…

 

最近ちょっと気になっているのは、インスタグラムで見かけるバレエダンサー発のカスタムオーダー中心のレオタード。ダンサーデザインのレオタードブランドとしてはすでに「YUMIKO」が有名ですが、それに続く流れになるのでしょうか?

 

世界中で人気のレオタード「YUMIKO」

 

バレエダンサーデザインのレオタードといえば、世界的なブランド「YUMIKO」(ユミコ)。

Yumiko Handmade Dancewear - Yumiko Dancewear

 

デザイナーの竹島由美子さんは、ドイツのドレスデンゼンパーオーパーバレエ団のプリンシパルとして2014年まで活躍されていた方。現役中から手がけていたブランドyumikoのレオタードは、ちっちゃな日の丸みたいなタグが目印。海外バレエ団のクラスやリハーサル動画を観ていると、これyumikoかな〜と思うことがよくあります。スポーティーでカラフル、ボディーラインがはっきりでるウェアは、どちらかというとプロや上級者向けのイメージがあります。

私はかっこいいイメージのウェアが好きなので一度着てみたいのですが、ウェア負けしそうで、まだ手が出せないでいます(笑)

2016年には東京渋谷にもショップがオープンしています。

YUMIKO 渋谷店 - Yumiko Dancewear

 

ダンサーがデザインするレオタード第2の波??

世界ブランドyumikoに続いて、第2の波とも言えるのかな、と思っているのはこんなブランド。どちらも、決められたオーダー期間にオーダーする受注生産方式。受注可能枚数に達すると、オーダー締め切りになるのですが、どちらも大人気ですぐオーダー締め切りになってしまいます。

 

unoa

unoa web shop

東京シティーバレエ団で踊られていたダンサー宇野澤寛子さんがデザインするバレエウェア。大人のバレエ教室「Angel R」で講師もされています。

レオパードなどの個性的な柄が楽しい。宇野澤さんは愛猫家で、花柄の中にひそかに猫がいる柄もあります。

 

オーダー期間:偶数月の12日17:00〜14日(原則)

好きな形、サイズ、色を選んでオーダーするセミオーダー形式。

 

stina

stina / TOPページ

スターダンサーズバレエ団の現役ダンサー、小久保小百合さんがデザイナー。

花柄などフェミニンなイメージです。キッズラインもあり。

毎月オーダー日があり、好きな形、サイズ、色を選んでオーダーするセミオーダー形式。

 

unoaもstinaも、Instagramにプロのダンサーが着用している写真がたくさん投稿されています。

好きなダンサーとお揃いのウェアも可能かも…?

 

もともと、バレエウェアは普通の洋服より少量生産。SNSなどを活用した受注生産方式とは相性がいいのかもしれません。今後に注目です。

 

★最後までお読みいただきありがとうございました。