ballet addict

大人バレエを思いっきり楽しむための情報ブログ

中村祥子×遅沢祐介 Kバレエカンパニー『海賊』【鑑賞レポート】

f:id:logue5:20201021220619j:plain

Kバレエ カンパニーの『海賊』を観てきました。Kバレエカンパニー では最後となるであろう、中村祥子さん×遅沢祐介さんの出演日、10月17日(土)の夜の公演です。(おふたりの最終出演日は翌日の18日)。

この公演後11月からは、中村祥子さんは名誉プリンシパルに、遅沢祐介さんはゲスト・ステージング・レペティトールに就任します。

 

『海賊』は、当初5月に予定されていましたが、コロナの影響で延期に。Kバレエカンパニーとしては、今年1月末〜2月初旬の『白鳥の湖』以来の舞台公演。

芸術監督 熊川哲也さんが語る舞台再開への思い↓

www.balletaddict.com

政府のイベント開催の指針、観客50%の規制は緩和になりましたが、この日の公演は観客50%のままの上演。来場者の登録、手指や靴裏の消毒、ブラボー禁止、分散退場など、徹底したコロナ対策がとられていました。

次の12月の公演『くるみ割り人形』も今のところ、前後左右を開けた50%の座席発売になっています。

公演概要

『海賊』全2幕 Kバレエカンパニー

 2020年10月17日(土) 17:00〜

Bunkamura オーチャードホール

芸術監督:熊川哲也

音楽:アドルフ・アダンほか

原振付:マリウス・プティパ

演出/再振付/台本改訂:熊川哲也

音楽:2015年ライブ録音による特別音源(指揮:井田勝大 管弦楽:シアターオーケストラトウキョウ)
 【キャスト】

メド―ラ:中村 祥子
コンラッド:遅沢 佑介
アリ:伊坂 文月
グルナーラ:結城 亜美
ランケデム:栗山 廉←髙橋 裕哉
ビルバント:宮尾 俊太郎

サィード パシャ:ビャンバ・バットボルト

海賊の男たち:堀内將平、佐野朋太郎

オダリスク第1バリエーション:佐伯美帆

オダリスク第2バリエーション:戸田梨紗子

オダリスク第3バリエーション:毛利実沙子

*高橋裕哉さんはケガで降板。ランケデムは栗山廉さんに変更になりました。

 【上演スケジュール】

第1幕 50分

休憩 25分

第2幕 65分

気品溢れる中村祥子さん

個人的には、3月初旬のパリ・オペラ座来日公演以来、8ヶ月ぶりの劇場で観るバレエ 。この日を待ちかねていました。

幕開け後、しばらくして中村祥子さんが登場し、きれいなアチチュードを繰り返して、上手から下手に移動するところでは、ちょっと涙が出てしまった(笑)

あ〜劇場に戻ってこれた!これが観たかった!という感じでした。

中村祥子さんは相変わらずの揺るぎないテクニック気品溢れる佇まいの、美しいメドーラでした。遅沢祐介さんと共にしっとりした大人のメドーラ&コンラッドをみせてくれました。

今回の公演で中村祥子さん、遅沢祐介さんの組はなんと、4日連続の登板!お二人ともKのプリンシパルとしては最後の公演、なおかつ観客50%という異例の状況から決まったキャストなのでしょうが、4日無事に踊り切ったのはさすが。

こちらは楽日の中村祥子さん、遅沢祐介さんの最後のカーテンコール↓

www.youtube.com

 今回観るのを楽しみにしていたのは9月にソリストとして入団した 元サンフランシスコバレエ団の結城亜美さん演じるグルナーラ。顔写真のイメージでは小柄な方を想像していましたが、中村祥子さん並みに長身でスレンダー。手足が長いです!2人が並ぶと本当の姉妹に見えます。

手の動きがしなやかで女らしい印象があり、憂いのある表情はグルナーラにぴったり。バヤデールのニキヤなども似合いそう。

(結城亜美さんは翌日の公演もグルナーラで出演予定でしたが、降板しています。特に怪我とは書いていないのですが…。ランケデムが髙橋 裕哉さんから石橋奬也さんに変更になったことによるものか…?)

アリの伊坂文月さんは、引き締まったキレのある踊り。熊川版の『海賊』ではアリが全体のドラマの要にもなっていますが、伊坂さんの演技は割と控えめで、ちょっとミステリアスな雰囲気のアリでした。

宮尾俊太郎さんのビルバントもはまり役。黒い衣裳が似合っていて、さすがの存在感。

ランケデムの栗山廉さんは王子様タイプと思っていましたが、以外にいやらしい感じの悪役もよかった。グルナーラと組むときはちょっとぎこちなさもありましたが、これからに期待です。

また「鉄砲の踊り」のソリストなどを踊っていた山田蘭さんが、華やかな佇まいで目立っていました。

堀内將平さんがプリンシパルに昇格

観に行ったのは10月17日(土)のソワレ。同日のマチネ公演では堀内將平さんがコンラッドを踊り、プリンシパルに任命されました!

堀内さんはソワレでも、海賊の一員として、キレのある踊りを観せてくれました。

昇格の瞬間↓

www.youtube.com

 おわりに

やっぱり劇場で観るバレエはいい!

50%しか観客のいない劇場は、はじめのうちこそさびしく感じましたが、最後は熱く盛り上がりました。空いている隣の席の分まで、拍手しよう!そう思っていた人も多かったのではないでしょうか。

新シーズンからのKバレエカンパニーの若手の活躍や、中村祥子さんが今後どんな活動をされていくのかが楽しみです。

 

★最後までお読みいただきありがとうございました。

主演 井ノ原快彦、バレエ監修 熊川哲也で『カンパニー』がドラマ化!キャストを勝手に予想

f:id:logue5:20201015215229j:plain

バレエ団を舞台にした伊吹有喜さんの小説『カンパニー』が井ノ原快彦さん主演でドラマ化されます。バレエ監修は熊川哲也さん!
映画『ミッドナイトスワン』に続き、『白鳥の湖』がモチーフに。エンタメ業界ではバレエ &『白鳥の湖』ブームなんでしょうか。

放送予定 2021年1月10日(日)スタート
BSプレミアム・BS4K 毎週日曜 よる10時から10時49分(全8回)

www.nhk.or.jp

『カンパニー』は2018年に宝塚歌劇団でも舞台化されている小説です。
妻と娘に逃げられた中年サラリーマン青柳誠一が、勤務先の有明製薬でもリストラ候補になり、会社が資金援助するバレエ団の公演「白鳥の湖」を成功させるというミッションに立ち向かう物語。

バレエ団が舞台と言っても、主人公はダンサーではなく、冴えない中年サラリーマンというところがミソ。とはいえ原作小説を読む限り、バレエ団のリハーサルや「白鳥の湖」の舞台シーンも多くあります。

熊川哲也さんがバレエ監修として全面協力し、井ノ原さんも「Kバレエカンパニーのみなさんのダンスを間近で拝見できるのも幸せです」とコメントしているので、ドラマの中でKバレエカンパニーによるバレエシーンが見られそうですね。

『カンパニー』のバレエキャストを大胆予想

2020年10月16日現在、井ノ原快彦さんが演じる青柳誠一以外の役名もキャストも発表されていません。ドラマでは原作にどんなアレンジが加えられるのかわかりませんが、原作小説にはバレエダンサーが多数、主要人物として登場します。果たして、バレエ経験のある俳優さんが演じるのか、演技経験のあるバレエダンサーが演じるのか、もしくは踊りのシーンは吹き替えでバレエとは縁のない俳優さんが演じるのか、とても興味があるところです。

このバレエ関連キャストを勝手に予想してみました!

現実的には難しそうですが、バレエ ダンサー多めのキャスト予想になっております(笑)

*役柄の設定は原作に基づいたものです。ドラマでは変更になる可能性があります。

高野悠

【有明製薬のイメージキャラクターを勤めるバレエダンサー。ウィーンを拠点に世界で活躍している。セクシーな魅力で「黒髪の貴公子」と呼ばれる】

美しい肉体と世界で活躍する実力の持ち主ですが、故障を抱え現役引退も考える年齢に差し掛かったダンサーという設定です。
小説では第2の主役とも言える非常に重要な役。Kバレエカンパニーがらみでいえば俳優活動をしている宮尾俊太郎さんがすぐに思い浮かびますが、だいぶ恰幅が良くなっているのがちょっと気がかりではあります(笑)。同じく俳優活動をしているバレエダンサー、首藤康之さん、西島数博さんはひとまわり年齢が上の感じ。

というわけで本命は美しい肉体重視で大貫勇輔さんに。10月15日に続編がスタートした深田恭子さん主演の『ルパンの娘』続編や、ミュージカル『ビリー・エリオット』に出演するなど、最近ダンサーとしても俳優としても活躍が目立ちます。

www.youtube.com


大穴の厚地康雄さんは、全く実現性はなさそうですが、トークイベントなどでお見かけするキャラクターは俳優向きな気がするのと、単純に画面映えしそうな見た目で選びました(笑)。

本命:大貫勇輔
対抗:宮尾俊太郎(Kバレエカンパニー ゲスト・アーティスト)
大穴:厚地康雄(バーミンガムロイヤルバレエ プリンシパル)

有明紗良

【有明製薬の社長令嬢で敷島バレエ団のプリンシパル。親の財力で主役を踊ると言われているが、腹が据わったところがあり、実力もある】

バレリーナから女優に転身されたあの方を彷彿とさせる役柄ですね(笑)

気の強い社長令嬢は、新国立劇場バレエ団のクールビューティー本島美和さんやバレエ経験のある米倉涼子さん、東京バレエ 団の上野水香さんが似合いそう。

本命:本島美和(新国立劇場バレエ団 プリンシパル)
対抗:米倉涼子
大穴:上野水香(東京バレエ団 プリンシパル)

高崎美波

【敷島バレエ団のバレリーナ。海外でも活躍できる実力があるが本番に弱い】

この役のキャストが一番難しい…。踊りのシーンも多く、主人公青柳とのほのかな心の交流がある重要な役。控えめで芯が強いイメージです。
映画『ミッドナイトスワン』の服部樹咲ちゃんはちょっと若すぎるし…宝塚歌劇団の舞台で美波役を演じた愛希れいかさんは現在宝塚を退団して女優をされているので、ありかもしれません。現在のバレエの実力はわかりませんが、映画『花とアリス』でバレエシーンを披露していた蒼井優さんも雰囲気はあっているかも。

大穴は、新国立劇場バレエ団の小野絢子さんに。美波は長身のダンサーなので、その点は当てはまらないのですが、憂いのある表情が役にハマりそう。

 

本命:愛希れいか
対抗:蒼井優
大穴:小野絢子(新国立劇場バレエ 団 プリンシパル)

敷島瑞穂

【青柳が出向する敷島バレエ団を主宰する元バレリーナ。かつては世界的に活躍していた。女性ダンサーとしては非常に長身】

原作では「老女」とされているのですが、かくしゃくとした人物なので、若めの人選にしてしまいました。
踊るシーンはないのですが、ぜひダンサーオーラがある人に演っていただきたい。ダンサーオーラ、パッション、長身というキーワードで選びました。

本命:真矢みき
対抗:草刈民代
大穴:前田美波里


この4人以外にも有明製薬が合併した食品会社のイメージキャクターをつとめるパフォーマンスグループ「バーバリアン・J」の2軍ダンサーで、バレエに挑戦する水上那由多という登場人物も。「バーバリアン・J」はEXILEを彷彿とさせるグループ。那由多はバレエをそこまで踊れない設定なので、実際にEXILEメンバーが演じるというのもありな気がします。
また敷島バレエ団の爽やかな若手ダンサー長谷山蒼太役は、Kバレエカンパニーの栗山廉さん、関野海斗さんあたりにお願いしたいイメージです。

おわりに

勝手にキャスト予想、いかがでしたか?

バレエ ダンサー多めの予想、カスリもしない可能性が高そうですが(笑)キャスト発表を楽しみに待ちたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カンパニー/伊吹有喜【合計3000円以上で送料無料】
価格:880円(税込、送料別) (2020/10/16時点)


★最後までご覧いただきありがとうございました。

開幕間近!Kバレエカンパニー熊川哲也さん『海賊』への思い 

f:id:logue5:20200105124208j:plain

10月8日(木)付の朝日新聞にKバレエカンパニーを率いる熊川哲也さんのインタビュー記事が掲載されていました。10月15日(木)に開幕する『海賊』公演決行までの苦悩を語っています。

*全文読むには登録(無料)が必要です↓

www.asahi.

朝日新聞の記事のタイトルは『劇場に渦巻く「熱」を取り戻す』。

劇場の「熱」、恋しいですね…

オーケストラ演奏から録音に変更するなど、数々の苦渋の決断を行った上での公演。それでも無観客だけは嫌だったと言います。

「…僕としては劇場は、建物を壊してしまうぐらいの熱が生まれる場所であってほしい」

*2020年10月8日(木)朝日新聞夕刊より

 

熊川さんがさまざまな葛藤を乗り越えて、劇場の「熱」を取り戻す第一歩にしたいと語った『海賊』。Kバレエカンパニーの公演は約8ヶ月ぶり。この公演を本当に楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。 

『海賊』公演開催決定までの紆余曲折

もとはと言えば5月下旬に行われるはずだったKバレエカンパニーの『海賊』。

プリンシパル中村祥子さんが、Kバレエカンパニーでは2019-2020シーズンが最後になることを発表していたこともあり、祥子さん出演日のチケットは争奪戦でしたが、コロナ感染拡大でまさかの延期に!

出演者や会場はそのまま、10月下旬に日程をスライドして上演されることに。その時点ではチケットは希望者以外は払い戻しにならず、そのままスライド日の公演が観られる予定でした。

政府からコロナ感染防止のためのイベント開催ガイドラインが発表になり、劇場収容人数の50%までという指針が明らかに。座敷割りが変更になるため、発売済みのチケットは全て払い戻しになりました。

9月に入り、再び50%の席のチケットを販売。

*結局9月19日には50%規制は緩和になりましたが、今回の公演は観客50%のまま上演されます。

コロナという嵐に直撃された感のある『海賊』。

公演の収支だけを考えても、払い戻しや再販売費用がかかるにもかかわらず、一公演あたりの収入はおよそ50%減…。熊川哲也さんはじめとする関係者の方のご苦労は計り知れないものがあります。

Kバレエカンパニーの節目となる公演

こんな異常事態の元で上演される『海賊』ですが、Kバレエカンパニーにとっては大きな節目の公演になりそう。

7月から9月にかけて、現プリンシパルの去就が相次いで発表されました。

宮尾俊太郎さんはゲスト・アーティストに。荒井祐子さん、中村祥子さん、Stuart Cassidyは名誉プリンシパルに就任。『海賊』公演後、Kバレエカンパニーを退団する遅沢佑介さんはゲスト・ステージング・レペティトールに就任することが発表されています。

 名誉プリンシパルが今後、Kバレエの公演で踊ることがあるのかはわかりませんが、12月に予定されているKバレエカンパニー『くるみ割り人形』では宮尾俊太郎さんだけがドロッセルマイヤーにキャスティングされています。

こうなると、プリンシパルとして残るのは、山本雅也さん矢内千夏さんですが、矢内さんは体調不良のため、休養中….女性プリンシパルの新たな任命はあるのでしょうか…

これからのKバレエを占う12月の『くるみ割り人形』のファースト・キャストは成田紗弥さん、山本雅也さん。9月にソリストとして入団した元サンフランシスコバレエ の結城亜美さんがマリー姫にキャスティングされているのも注目です。 

ライブ配信、ライブビューイング、アフタートークも

今回の『海賊』の一部公演はライブ配信とライブビューイングが予定されています。

また一部公演は当日券の発売もあり。さらに千秋楽の翌日にはオンラインファンミーティングが開催されます。中村祥子さん、遅沢祐介さん、宮尾俊太郎さん、荒井祐子さんによる座談会も! 

 

開催情報を公演日別にまとめました。(2020年10月14日現在)

詳細、最新情報はKバレエ カンパニー公式サイトをご覧ください。

K-BALLET COMPANY / K-BALLET FRIENDS

 

公演会場は全てBunkamuraオーチャードホール

10月15日(木)14:00〜 メド―ラ:成田 紗弥 コンラッド:堀内 將平

・当日券発売予定

 

10月15日(木)18:00〜 メド―ラ:中村 祥子 コンラッド:遅沢 佑介

・当日券発売予定

・オンラインライブ配信あり

 

10月16日(金)14:00〜 メド―ラ:毛利 実沙子 コンラッド:杉野 慧

・当日券発売予定

 

10月16日(金)18:30〜 メド―ラ:中村 祥子 コンラッド:遅沢 佑介

・当日券発売予定

 

10月17日(土)12:30〜 メド―ラ:成田 紗弥 コンラッド:堀内 將平

・当日券発売予定

・オンラインライブ配信あり

 

10月17日(土) 17:00〜 メド―ラ:中村 祥子 コンラッド:遅沢 佑介

・当日券発売予定

 

10月18日(日)12:30〜 メド―ラ:中村 祥子 コンラッド:遅沢 佑介

・当日券の発売未定(開演前に告知予定)

・オンラインライブ配信あり

・映画館ライブビューイングあり 12:30~15:00(途中休憩あり)

 

 ★オンラインライブ配信

各公演24時間アーカイブ配信あり

視聴チケット料金 3,800円(税込)

 

映画館ライブビューイング

会場:全国のユナイテッド・シネマ各劇場(詳細は以下のリンクをご覧ください)

鑑賞チケット料金 3,500円(税込)

 

オンラインライブ配信・ライブビューイングの詳細・チケット購入法等についてはこちら↓

『海賊』公演 オンラインライブ配信及びライブビューイングのチケット購入方法 | K-BALLET COMPANY / K-BALLET FRIENDS

 

オンライン・ファンミーティング 

『海賊』千秋楽の翌日に開催!

2020年10月19日(月) 20:00~21:30 

*24時間アーカイブ視聴可能

 出演:荒井祐子、中村祥子、遅沢佑介、宮尾俊太郎

視聴チケット料金 2,500円(税込)

申し込み・詳細はこちら↓

【10/19(月)開催】オンライン・ファンミーティング申込受付中! | K-BALLET COMPANY / K-BALLET FRIENDS

おわりに

私もKバレエでは最後となるであろう、中村祥子さんと遅沢祐介さんを観に行く予定です。約半年ぶりの劇場で観るバレエ!「劇場の熱」を感じるのが本当に楽しみです。

★最後までご覧いただきありがとうございます。