ballet addict

大人バレエとバレエ鑑賞を楽しむための情報発信ブログ

パリ・オペラ座ブランドのバレエシューズが可愛い

最近ちょっと気になっているバレエシューズがあります。

といってもレッスン用ではなくて、バレエを習っていない人が「バレエシューズ」と聞いて思い浮かべるほう、タウンユースの「バレエシューズ」についての話です。

 

街ばきのバレエシューズはもはや定番ですよね。

最近のトレンドは、よりダンス用に寄せたバレエシューズなのか、「これタウン用なの?」と思ってしまうようなバレエシューズも。

 

MIUMIUのインスタグラムより。2022年AWシーズンのバレエシューズ。可愛い…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Miu Miu(@miumiu)がシェアした投稿

 

そして最近気になっているのが、パリ・オペラ座ブランドのバレエシューズ。

靴の中敷には、おなじみのパリ・オペラ座のロゴが!

 

調べてみると、BEAMS、ベイクルーズグループのIENAやEDIT.FOR LULU、アーバンリサーチ…けっこういろんなセレクトショップで扱われています。

ベイクルーズグループの商品ページにはこんな説明が。

【OPERA NATIONAL DE PARIS / オペラ ナショナルド パリ】
バレエにおける数多くの革新的な発展を具体化してきたと同時に、豊かな伝統への真摯な尊敬も忘れる事なく継承してきたOPERA NATIONA DE PARIS (パリ国立オペラ)。
そのダンサーが実際に履いているダンスシューズメーカーの1社、MERLET(メルレ)社がOPERA NATIONAL DE PARISの初めてのライセンシーとして作ったタウンシューズです。
フランス・LIMOGESの工房で、バレエシューズを作る上で伝統的なCOUSE-MAIN RETOURN(Stitch and return)製法で作られています。

 

バレエブランドのメルレが製造しているんですね!

 

メルレといえば、ポアントのブランドとしてもおなじみ。お教室でも履いている人がいるのですが、ピンクのロゴが可愛くてちょっと気になっているポアント。

「簡単に立たせてくれる」らしい…(笑)↓

 

パリ・オペラ座のサイトで検索したら、2018年秋のニュースリリースに、メルレとの協業が発表されていました。

 

パリ・オペラ座ブランドのバレエシューズは定価では3万円前後と、なかなかいいお値段ですが、セールになっているものも見かけます。

こちら40%OFF。クロスのゴムがダンス用っぽくて、ちょっと紫がかったピンクが素敵です。

 

こちらはバレエシューズではなくて、ポアントっぽい!

まさかポアントみたいに固いってことはないですよね…(笑)。

ブラックも素敵。上から見たフォルムも、もろポアント。

 

普通のバレエシューズ以上にフェミニンなムードの靴なので、デニムとかに合わせると良さそうです。

どれもとても可愛いけど、バレエのレッスンに履いていくのは逆にちょっとためらってしまうかも。レッスン仲間から「家からバレエシューズ履いてきたの?」みたいなリアクションがありそうじゃないですか(笑)

 

★最後までお読みいただきありがとうございました。

大人バレエ自主トレで股関節に痛みが…【大人バレエつれづれ】

7月下旬から続けている大人バレエの自宅トレーニング。実はここにきて、股関節まわりに痛みがでてしまいました(泣)。

もともと詰まっている感じがあった右側の股関節まわりの鈍い痛み。特に脚を後ろに上げるときに出るようです。それに伴って、右の腰やお尻も痛い…。

右脚のほうが弱くて動きが悪いとは思っていましたが、それが実証された感じ。

 

レッスンが全くできないほどではないし、整体に行くとそれなりに回復するのですが…

整体の先生から言われたのは「急に頑張りすぎでは?トレーニングは無理しない程度にしてください」。

 

が〜ん。

 

やっぱり自主練は難しい…。

負荷が強すぎるのか、トレーニングのやり方が間違っているのか、原因はわかりませんが。

でもここでやめてしまっては、永遠に変わることができない。

 

前の記事ではトレーニングの成果はよくわからないと書きましたが、最近になってレッスンのときに動きやすくなってきている感覚がちょっと出てきていたんです。偶然かもしれませんが、先生から立ち方が良くなったと珍しくほめられたりして…。

 

ここでやめちゃうのは悔しい。

 

バレエを10年以上やっていますが、あまりどこかを傷めたり、怪我したりしたことはないのです。おそらく体が固くて可動域が小さく、怪我するところまで動けていないからだろうと思っていたのですが。

ちょっと頑張った途端にこの始末…。

でも自分が動ける範囲のなかでやっていたら、いつまでたってもバレエにならないし!大人になってから、自分を変えるのって大変だなとしみじみ思います。

 

難しいけど、トレーニングはやり方や負荷を見直しながら続けて、回復するかどうかを探ってみようと思います。

本格的に傷めないように気をつけます!

 

前回記事はこちら↓

www.balletaddict.com

 

★最後までお読みいただき、ありがとうございました。

『ダンス・ダンス・ダンスール』24巻発売!【おすすめバレエ漫画】

 

『ダンス・ダンス・ダンスール』の24巻が発売になりましたね!

春にアニメ化されて話題になったジョージ朝倉さんの人気バレエ漫画。いつものように発売日に購入し、一気に読みました。おもしろかった〜。

 

*以下ストーリー、ネタバレ含みます。

 

ブランコの指導のもと、ニューヨークでバレエの研鑽を積む村尾潤平。前巻23巻の後半では、潤平のライバル流鴬が留学先のワガノワでどう過ごしていたかが描かれていました。ワガノワのニューヨーク公演に出演した流鴬の前に母親の真鶴が現れたのが、前の巻のラスト。

流鴬と真鶴の邂逅は一瞬で終わり。再会した潤平と流鴬は、共にローザンヌ国際バレエコンクールを目指すことになりそう…。

そして24巻はスクール公演『コッペリア』でフランツとスワニルダを演じる潤平とベアトリスのパートナシップを築く過程が中心になっています。ふたりの悪戦苦闘する姿を通して、「バレエにおける演技とはなにか」「観客はなにを観て感動するのか」を考えさせる深い内容…。

 

メインのエピソードに加えて、ニューヨークに留学中の潤平のおさななじみ兵ちゃんの動向も気になる。潤平とバレエとの関わりを模索し始める兵ちゃん。

ほんとに脇役の描き方が丁寧!決して類型として描かず、それぞれの人生を感じさせます。

 

そして注目は、パトロンのゲイリーと潤平の師ブランコが、潤平の将来について語り合っているシーン。潤平はどこの団に入るのがいいと思っているのかと、ゲイリーに問われたブランコの答えは「パリ・オペラ座」!(ブランコは無意識にその名前を口にし、自分で驚いて打ち消していますが…)

これは伏線なのか!?気になる!

歴史と伝統のパリ・オペラ座に挑む潤平…確かに、ドラマチックな展開になりそう。

 

後半はスクール公演『コッペリア』の本番、1幕から2幕の終わりまでが描かれています。この公演の描写も素晴らしく、本当に劇場で『コッペリア』を鑑賞しているかのような臨場感!

この公演を観に、日本から潤平の母親とお姉さん、ロンドンから夏姫、パトロンのゲイリーがニューヨークに集結。

(個人的にお気に入りの生川での潤平の恩師、中村先生も一瞬電話で登場!)

なんだか、主要登場人物が集結してきて最終回みたいな様相…。終わっちゃ困るけど!!

 

舞台での潤平は「今日の俺、120%の日かも…!!」という言葉がでるほど絶好調。

絶好調すぎてちょっとこわいと思っていたら、次巻は大波乱の予感です(巻末に次巻予告がちらっとでている)…どうなっちゃうの、潤平?

25巻は2023年春頃発売予定。待ちきれません!

 

24巻と同時にアニメ版Blu-rayも発売になりました。記念イベントも開催予定↓

TVアニメ『ダンス・ダンス・ダンスール』Blu-ray発売記念イベント決定! | TVアニメ ダンス・ダンス・ダンスール公式サイト

 

およそのあらすじは、21巻までを一気読みしたこちらの記事で↓

www.balletaddict.com

全巻よみたくなったら、1〜24巻セット!

 

★最後までお読みいただきありがとうございました。