ballet addict

大人バレエとバレエ鑑賞を楽しむための情報発信ブログ

Kバレエカンパニー 日髙世菜×髙橋裕哉『シンデレラ』【鑑賞レポート】

f:id:logue5:20211010165844j:plain

Kバレエカンパニーの『シンデレラ』を鑑賞しました。主演は日髙世菜さんと、今シーズンの幕開けに『シンデレラ』札幌公演でプリンシパルに任命された髙橋裕哉さん。

Kバレエ カンパニーの『シンデレラ』は初見でしたが、今まで観ていなかったのが、悔やまれる…。キラキラ輝く夢の世界を堪能しました。

公演概要

Autumn Tour 2021『シンデレラ』 Kバレエカンパニー

Bunkamura オーチャードホール

2021年10月19日(水) 17:30〜

芸術監督/演出/振付:熊川哲也

音楽:セルゲイ・プロコフィエフ

衣裳デザイン:ヨランダ・ソナベンド

舞台美術デザイン :レズリー・トラヴァース

指揮:井田勝大
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー

 【上演スケジュール】

第1幕 45分

休憩 25分

第2幕 45分・第3幕 40分

【キャスト】

シンデレラ:日髙世菜

王子:髙橋裕哉

仙女:戸田梨沙子

シンデレラの義姉:高橋怜衣、辻久美子

継母:ルーク・ヘイドン

バレエ教師:ニコライ・ヴィュウジャーニン

美容師:栗原柊

靴職人:金瑛揮

仕立屋:三浦 響基

宝石商:武井隼人

4人の妖精 バラ:吉田早織、トンボ:岩井優花、キャンドル:小林美奈、ティーカップ:飯島望未

4頭の雄鹿:石橋奨也、杉野慧、栗山廉、吉田周平

4人の王子の友人:石橋奨也、杉野慧、栗山廉、吉田周平

2人の道化師:関野海斗、本田祥平

大きい騎士:グレゴワール・ランシエ

小さい騎士:酒匂麗

式典長:ニコライ・ヴィュウジャーニン

2人のオレンジガール:新居田ゆり、清水理那

オレンジマン:堀内 將平

 

Kバレエカンパニー『シンデレラ』の初演は2012年、熊川哲也さんのBunkamuraオーチャードホール芸術監督就任記念公演です。熊川哲也さん自身が出演しない前提で制作した初の幕物バレエということで、特別な思入れのある作品のようです。

熊川版の『シンデレラ』は展開がスピーディーでドラマチック、ときにコミカル、踊りの見せ場が多くて見応えあり。シンデレラの変身シーン、かぼちゃの馬車、魔法が解けてシンデレラが元の姿に戻るシーンなど、この物語に必要なさまざまな仕掛けも、オーソドックスな手法を使いながらもファンタジックで、とても楽しめました。

輝いていた日髙世菜さんのシンデレラ

日髙世菜さんを劇場で観るのは『ドン・キホーテ』に続いて2回目。

脚ももちろんなのですが、手と上半身が表情豊かで本当に美しい。もともと長い手脚が伸びやかに動いて、舞台上で誰よりも大きく見えます。温かみのある優しい雰囲気もシンデレラそのものでした。

2幕でお城に到着したシンデレラがゴールドのガウンを脱いで、白いチュチュになるシーンでは、シンデレラのあまりの輝きに胸を打たれました。

髙橋裕哉さんは明るいオーラがあり、登場すると舞台が華やぎます。白鳥や眠りに比べて憂いがない感じの『シンデレラ』の王子が似合っていました。そして、いつ観ても脚が美しい!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sena Hidaka 日髙世菜(@senahidaka)がシェアした投稿

飯島望未さんのティーカップの妖精が可愛い!

1幕では、一般的には春夏秋冬の四季の妖精が登場しますが、熊川版ではシンデレラが愛情を注ぐバラ、庭のトンボ、キャンドル、ティーカップの妖精という設定になっています。この日の妖精は、シンデレラにもキャスティングされている小林美奈さんがキャンドル、飯島望未さんがティーカップという豪華キャスト。

このパートはすごく楽しかった!4つのアイテムの特徴が表現された、テンポの速いスリリングな振り付けがとても面白く、ダンサーたちのキレのある踊りが素晴らしかったです。

なかでも飯島望未さんのティーカップは可愛かった!振り付けと衣裳が彼女の雰囲気にぴったり。

白地に青の模様のティーカップ風のチュチュとブルーのタイツ、頭にはポットの蓋?

う〜ん、可愛い…

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nozomi Iijima(@nozo0806)がシェアした投稿

 

吉田早織さんのバラの精も印象に残りました。バラの精のピンクとグリーンの衣裳も素敵でした。

4頭の雄鹿と4人の友人の踊りで目の保養

お城に向かうシンデレラを乗せた馬車は4頭の雄鹿に引かれています。被り物で全く顔の見えない鹿たちですが、2幕では王子の友人として登場。この友人たちの踊りがかっこいい。男性ダンサーの見せ場が多いのもKバレエの魅力ですね。

同じ日のマチネでは王子を踊っている栗山廉さんをはじめとして、この鹿&友人のキャストも豪華。杉野慧さんのイケメンぶり、ファースト・ソリストに昇格したばかりの吉田周平さんの大きな踊りが目を引きました。

熊川版の2幕には、4人の友人以外にも、1幕にも登場した4人の妖精たち、2人の道化師、大きい騎士&小さい騎士、オレンジガール&オレンジマン、と様々なキャラクターが登場。

白鳥や眠りの3幕のディベルティスマンのような雰囲気があります。

2人の道化師はシンデレラの義姉たちとのコミカルなやり取りも楽しい。関野海斗さんの切れ味は相変わらず素晴らしい。

オレンジマンのエキゾチックな踊りを披露してくれたのは、王子にもキャスティングされている堀内將平さん。オレンジマンは普段のノーブルなイメージとは異なる役でしたが、南国のムードあって素敵でした。

かぼちゃの馬車はやっぱりすごかった

Kバレエカンパニーの公演をるときの楽しみのひとつは、衣裳と美術。

1幕のシンデレラの暮らす家のセットひとつとっても、暖炉が大きく歪んでいて、夢の世界、不思議な世界に引き込まれます。

以前読んだ熊川哲也さんの著書『完璧という領域』には、「かぼちゃの馬車には、高級車が買えるぐらいお金がかかっている」とありました。その言葉通りの豪華さ!

さらに豪華なだけでなく、スムーズな動きにびっくり。馬車を引く4頭の雄鹿役のダンサーが、途中からターボがかかったように走りだすと、すごいスピードが出ていました。人力だけで引いているんでしょうか?

衣裳も現代的なかっこよさがありながら、初演から10年経っても、陳腐化していないのはさすが。熊川さんのセンスを感じます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完璧という領域 [ 熊川 哲也 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/10/14時点)

おわりに

ちょうど一年前、中村祥子さん×遅沢祐介さんのプリンシパルとしての最後の公演『海賊』を観に行きました。あの時はまだ、世代交代後のKバレエが想像できませんでした。

この一年で多くのダンサーが加入し大きく変化したKバレエカンパニー。今シーズンも、どんどん変化していきそうな予感…目が離せません。

 

2012年『シンデレラ』初演時のDVD

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

熊川哲也 Kバレエカンパニー シンデレラ [ 松岡梨絵 ]
価格:7024円(税込、送料無料) (2021/10/14時点)

 

日髙世菜さん×髙橋裕哉さんの『ドン・キホーテ』の感想はこちら

www.balletaddict.com

 

★最後までお読みいただきありがとうございました。

DDD@横浜2021『舞踏の情熱』【鑑賞レポート】

f:id:logue5:20200105124208j:plain

International Choreography × Japanese Dancers『舞踏の情熱』を鑑賞しました。「時代を変えた天才振付家たちのマスターピースに、日本のダンサーが挑む」というテーマのこの公演。ふだん観る機会の少ない演目も多く、1日限りというのがもったいなく感じる面白い公演でした。

『舞踏の情熱』は横浜で開催中のダンスイベント、DanceDanceDanse@YOKOHAMA2021のプログラム。

ダンサーのインタビューや見どころ、作品解説↓

イベントブログ | Dance Dance Dance at YOKOHAMA(DDD 横浜)

公演概要

9月18日(土)15:00

神奈川県民ホール 大ホール

Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2021 ディレクター:小林十市

構成・演出:山本康介

出演
厚地康雄(バーミンガム・ロイヤル・バレエ団)、池本祥真(東京バレエ団)、上野水香(東京バレエ団)、、小㞍健太、佐久間奈緒、島添亮子(小林紀子バレエ・シアター)、柄本弾(東京バレエ団)、中村祥子、鳴海令那(Kidd Pivot)/スターダンサーズ・バレエ団(渡辺恭子、池田武志、関口啓、林田翔平)

上演スケジュール

第一部 15:00〜15:35

休憩20分

第2部 15:55〜17:00

当初の予定では、中村祥子さんがパートナーのヴィスラフ・デュデックさんと踊るウヴェ・ショルツ振付の『ソナタ』が予定されていましたが中止になり、中村祥子さんは一演目のみの出演になりました。

演目の前後にスクリーンが降りてきて、その作品にゆかりがある人、ダンサーや指導者、ディレクターである小林十市さんや構成・演出の山本康介さんが、登場して作品について語るという構成でした。

『ステップテクスト』  Steptext

振付:ウィリアム・フォーサイス  
演出・振付指導:アントニー・リッツィー  
出演:スターダンサーズ・バレエ団(渡辺恭子、池田武志、関口啓、林田翔平)
音楽:J.S.バッハ

1985年初演のフォーサイスの作品。スターダンサーズ・バレエ団の初演は1997年、今年の3月にも公演『Divercity』の演目のひとつとして上演されています。この公演のキャストも当初は3月の公演と同じでしたが、男性キャストのひとりが急遽、石川聖人さんから関口啓さんに変更になりました。

本来は観客が会場に入るとすでにダンサーたちが踊りはじめている、という作品らしいので「どんな始まりになるのかな」と思ってましたが、上演中の注意事項などのアナウンスが終わり、観客席の照明が落ちないうちにダンサー登場するという演出でした。

赤いレオタードの女性1人と、黒いタイツの男性3人の踊りで、男女や男性2人のデュオが繰り広げられます。

ドラマティックなヴァイオリンの旋律にシンクロする渡辺恭子さんのクリアな動きと、主に舞台のサイドから当たられた照明によって浮かび上がるダンサーの美しい身体が印象的な作品でした。

男性ひとり(池田武志さん)の足元だけがグレーなのが気になったのですが、動画をチェックしてみると、バレエ団によっては全員黒だったり、全員グレーだったり。何か意味があるんだろうか…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

takeshi ikeda(@taketaketa13)がシェアした投稿

『二羽の鳩』よりパ・ド・ドゥ  The Two Pigeons

振付:フレデリック・アシュトン  
出演:島添亮子(小林紀子バレエ・シアター)、厚地康雄(バーミンガム・ロイヤル・バレエ団)  
音楽:アンドレ・メサジェ、編曲:ジョン・ランチベリー  

島添恭子さんと、厚地康雄さんは初共演。

バレエチャンネルのインタビュー↓

balletchannel.jp

『二羽の鳩』は島添さん、厚地さんそれぞれが所属する小林紀子バレエ・シアターとバーミンガム・ロイヤル・バレエ団がレパートリーにしているアシュトン振付の作品。若い恋人たちを描いた2幕のバレエで、このパ・ド・ドゥは、一度は外の世界に惹かれて少女の元を出て行った青年が、少女の元に戻り愛を確かめ合うという最後の場面です。

少女の鳩を思わせる動きが可愛らしくロマンティックなパ・ド・ドゥ。純粋無垢な少女と、申し訳なさそうに少女の元に戻り許しをこう青年が、島添亮子さんと厚地康雄さんの雰囲気にぴったりでした。

 

『A Picture of You Falling』より 

振付:クリスタル・パイト 
出演:鳴海令那(Kidd Pivot)、小㞍健太  
音楽:オーエン・ベルトン  

クリスタル・パイト率いるKidd Pivotのダンサーである鳴海令那さんと、ネザーランド・ダンス・シアター出身、現在は振付家としても活躍する小㞍健太さんの『A Picture of You Falling』(抜粋)。つぶやくようなナレーション、風の音…。張り詰めた空気を感じさせる男女のデュオ。見終わった後も、ヒリヒリするような、切ない余韻が残りました。

鳴海令那さんも、小㞍健太さんも、カーテンコール出でくると意外に小柄なのですが、踊っている時はとても大きく見えます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenta Kojiri(@kojirikenta)がシェアした投稿

 

小㞍健太さんがこの作品を踊るのを観るのは2回目。1回目の公演はこちら↓

www.balletaddict.com

『スパルタクス』よりパ・ド・ドゥ  Spartacus 


振付:デヴィッド・ビントレー 
出演:佐久間奈緒、厚地康雄(バーミンガム・ロイヤル・バレエ団)
音楽:アラム・ハチャトゥリアン  

デヴィッド・ビントレーがバーミンガム・ロイヤル・バレエ団の芸術監督を退任したシーズンに作られたという日本初演の作品。スパルタクスと妻のフリーギアの別れの場面のパ・ド・ドゥです。

長年デヴィッド・ビントレーの元で踊ってきた佐久間奈緒さん、厚地康雄さんだからこそ、実現したプログラムといえそうです。

公私ともにパートナーのおふたり。ラブラブな関係が伝わってくるインタビュー↓

balletchannel.jp

『スパルタクス』といえば、ボリショイ・バレエのユーリー・グリゴローヴィチ版。激しくエネルギッシュなグリゴローヴィチ版と比べると、しっとりした雰囲気ではあるのですが、じわじわとふたりの感情が胸に迫るような作品でした。

王子のイメージが強い厚地康雄さんですが、野性味あるスパルタクスも素敵でした。2年半ぶりの舞台というのが信じられない、佐久間奈緒さんの踊りも素晴らしかった。

おふたりのインタビューによると、デヴィッド・ビントレーは『スパルタクス』の全幕を創りたいと思っているらしい。新国立劇場バレエ団あたりに、ぜひ発注してほしいです!

ワイルドな厚地康雄さん↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yasuo Atsuji 厚地 康雄(@yasuoatsuji)がシェアした投稿

 

マ・パヴロワより『タイスの瞑想曲』  Thais

振付:ローラン・プティ  
出演:上野水香(東京バレエ団)、柄本弾(東京バレエ団)
音楽:ジュール・マスネ 

恥ずかしながら、この作品を何度か観ているにもかかわらず、ローラン・プティの振付であることを今回はじめて知りました。

流麗で美しいパ・ド・ドゥ。リフトがとても多いのですが、それも静止することなく常に流れていくイメージ。男性ダンサーのサポート力が問われそうな作品です。

上野水香さん、柄本弾さんは安定のパートナーリング。リフトされている時の上野水香さんのフォルムがとても美しかった。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mizuka Ueno 上野水香(@mizukaueno)がシェアした投稿

『椿姫のためのエチュード』  La Dame aux Camélias

振付:モーリス・ベジャール
出演:中村祥子  
音楽:フレデリック・ショパン  
編曲:フランツ・リスト  

小林十市さんのパートナー、元モーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーであるクリスティーナ・ブランさんに振り付けられたベジャール作品。アルマンを想うマルグリットのソロの踊りです。

バレエ・チャンネルのインタビューはこちら↓

balletchannel.jp

舞台の上には何の変哲もない椅子と白い総タイツの中村祥子さん。華やかなドレスは着ていなくても、中村祥子さんは確かにマルグリットでした。アルマンを思いながら、孤独に死を迎えようとしているマルグリット。切ないシーンではあるのですが、アルマンを想うマルグリットはどこか幸せそうでもある…。中村祥子さん、本当にきれいでした。

小林十市さんのインスタグラムより。リハーサルの様子

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Juichi_kobayashi(@monsieur_11)がシェアした投稿

『M』 

振付:モーリス・ベジャール  
出演:池本祥真(東京バレエ団) 

音楽:黛敏郎

小林十市さんが、21年前に英国ロイヤル・オペラ・ハウスのリニューアルオープンのこけら落としのガラ公演にために、ベジャールに振り付けてもらった特別バージョンの初の再演。『M』の「金閣寺」の場面でⅣ—シ(死)が踊るソロと、『ザ・カブキ』の由良之助のソロから構成されています。池本祥真さんは昨年の東京バレエ団の公演で、『M』の「金閣寺」のⅣ—シ(死)を踊っています。

作品前の映像や解説も小林十市さんによるもので、相当なプレッシャーですよね(笑)

ボリショイ・バレエ学校出身で、クラシック作品を踊れば、端正でキレのある踊りを見せてくれる池本祥真さん。ベジャール作品を踊るのを観るのははじめてでしたが、身体のコントロールが素晴らしく、緊迫感のある美しい舞台でした。

 

サプライズのエンディングはベジャールの『火の鳥』

『M』が終わると、出演ダンサーたちが舞台上に登場。中央には柄本弾さん。そのまま、ベジャールの『火の鳥』の不死鳥の蘇りが!

(実はベジャール作品をあまり観ていないので、『火の鳥』ということは、後で知った…)

小林十市さんのインスタグラムやバレエ・チャンネルのコラムによれば、実質数時間のリハーサルだったらしい!まったくベジャール作品と縁がないダンサーもいるというのに…

印象的だったシーン。中央は柄本弾さん、床の上に倒れているのは池本祥真さん。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dan Tsukamoto 柄本弾(@dan_tsukamoto)がシェアした投稿

このエンディングがあったことで、公演全体のまとまりが感じられ、客席も一挙に盛り上がりました。

おわりに

カーテンコールではDDD@YOKOHAMAのディレクター小林十市さんと、構成・演出の山本康介さんが登場。このおふたりの個性や経歴が色濃く反映された、このふたりだから実現したと思われる公演でした。

また「作品と向き合う」ということを意識したプログラム構成という山本康介さんの言葉通り、作品に向き合い挑戦するダンサーの「熱」を感じる舞台でもありました。

今回の出演者。小林十市さんのインスタグラムより↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Juichi_kobayashi(@monsieur_11)がシェアした投稿

 

10月にはモーリス・ベジャール・バレエ 団の来日公演、11月には東京バレエ団が『中国の不思議な役人』を上演と、この秋はベジャールに関連する話題が多いですね。

 

東京バレエ団の『ザ・カブキ』

★最後までお読みいただきありがとうございました。

足の痛みの意外な原因!【大人バレエつれづれ】

f:id:logue5:20201231151235j:plain

以前会社の人に整体に行った話をしたら、「バレエやってるなら、整体なんかいらないんじゃないの?」って言われました。「バレエで体を動かして、健康!」みたいなイメージがあるようでしたが、逆ですよね!

むしろバレエ やってるからこそ、整体が必要(笑)。

十分な柔軟性、筋力などが備わった体で、正しいやり方でレッスンすれば、大きな故障は起きない…はずなのかもしれませんが、腰やら膝やら故障を抱えてる大人バレリーナ、うじゃうじゃいます。それでもよっぽどのことがないとレッスンを休まないから、なかなか治らない。

私自身は柔軟性も筋力も乏しいことには自信があります(きっぱり)が、そこまで大きな怪我や故障をしたことがありませんでした。おそらく関節が硬くて可動域が小さく、故障するところまで動けていないんだろうなと…。あとは単純に、病気持ちで体力もなく、レッスン量が少ないから、ということもあるな(笑)と思ってました。

ところが!8月末ぐらいから、右足の親指の付け根の関節(いわゆるMTP関節)まわりが痛くなってしまいました。特に痛いのはドゥミポアントのとき。日によっては歩いているだけでも痛い。様子をしばらく見てみましたが、半月たっても治らない…。

発表会があったので、いつもよりポアントを履いてたし、右足は足首が左足より柔らかくて、その分ぐにゃぐにゃするし、外反母趾気味でもあったし…。

ああ、ついに来たか…バレエができなくなったらどうしよう…と一気にブルーな気持ちに。

でも様子を見るうちにどうも関節とか骨とかではないような気もしてきました。

なんだか、ビリビリ、ピリピリする痛み。上から押すと関節の脇の部分にびりっと痛い部分があり、ちょっと小さな膨らみがあるような気もする。

整形外科で診てもらったところ、原因はガングリオンでした!

主に手などにできる良性のできもの。私も以前手にできたことがあって、ガングリオンができやすい体質だとわかってはいましたが、足にもできるとは…調べて見ると足の親指の付け根にも比較的できやすいようです。

ガングリオン自体は痛みはないのですが、おそらくドゥミにした時にガングリオンが神経に当たっていると思われます。歩いている時の痛みは靴に当たっておきているよう。

ガングリオンの中にはゼリー状のものが溜まっていて、注射で吸い出すこともできるのですが、お医者さんには、今は小さくて、血管の下にあることもあり、注射で吸い出すことはできないと言われました。自然に潰れて吸収されてしまうことも多いようではありますが。

今のところ、当たらない靴を履くようにするぐらいしか、対処方法はないらしい。ドゥミポアントもしないほうが本当はいいのでしょうが…。

 

関節や骨ではなくてよかったのかもしれませんが、神経の痛みってけっこう厄介…。

実は以前足の甲の神経を痛めたことがあります。当時の私は、超定番スニーカー、○ンバースを愛用していたのですが、スニーカーのベロの部分がヨレたまま履いていて(←ズボラすぎ 笑)、それが足の甲の神経に繰り返し当たって、痛めてしまったのです。

神経の痛みは、原因を取り除いても修復するのにかなり時間がかかるらしく、そのときも何ヶ月もかかりました。

今回も長引きそう。レッスン続けながらで、治るだろうか…。しばらくはほどほどにレッスンしながら様子をみてみようと思います。

 

ガングリオン自体は原因不明とはいえ、外反母趾も遠因なのかなと思い、最近足裏のマサージ棒を買い直し、よくほぐすようにしています。

痛いのをかばっているせいか、右の足裏の土踏まずがかなり張っているのを発見。

大人バレエの体のケアは、入念にしないとね。

 

痛む部位からして、外反母趾と思ってしまいがちですが、わたしと同じような症状がある方は、ぜひ整形外科にご相談を。

 

 

定番のこちらを購入。今まで使っていた安物は床に何か敷かないとゴロゴロできなかったのですが、こちらはシリコンリング付きで、床を傷つけない。もっと早く買い換えればよかった…

★最後までお読みいただきありがとうございました。