ballet addict

大人バレエとバレエ鑑賞を楽しむための情報発信ブログ

新国立劇場バレエ団 米沢唯×井澤駿『シンデレラ』【バレエ鑑賞メモ】

新国立劇場バレエ団の『シンデレラ』を鑑賞しました。主演は米沢唯さん、井澤駿さん。5月4日(水)の公演です。

気がつけばすでに1週間が経ってしまった…手短に感想を書きます。

公演概要

『シンデレラ』全3幕 新国立劇場バレエ団

2022年5月4日(水・祝)14:00〜

新国立劇場 オペラパレス

【振付】フレデリック・アシュトン
【監修・演出】ウェンディ・エリス・サムス/マリン・ソワーズ
【音楽】セルゲイ・プロコフィエフ
【美術・衣裳】デヴィッド・ウォーカー
【照明】沢田祐二

【指揮】マーティン・イェーツ
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

【キャスト】

シンデレラ:米沢唯
王子:井澤駿

義理の姉たち:清水裕三郎、福田圭吾

仙女:細田千晶

春の精:広瀬 碧

夏の精:渡辺与布

秋の精:奥田花純

冬の精:中島春菜

道化:佐野和輝(←山田悠貴さんが怪我により降板)

王子の友人:太田寛仁、中島端生、中村啓、渡邊拓朗

【上演スケジュール】 約2時間35分

第1幕45分

休憩25分

第2幕40分

休憩20分

第3幕25分

アシュトンの代表作のひとつとして知られる『シンデレラ』の初演は1948年。イギリス人振付家による初の全幕バレエです。

日本でアシュトン版をレパートリーにしているのは新国立劇場バレエ団のみ。1999年の初演以来、繰り返し上演されています。

今回の主演は小野絢子×福岡雄大、米沢唯×井澤駿、木村優里×渡邊峻郁、池田理沙子×奥村康祐の4組。おなじみの組み合わせと思いきや、木村優里さんと渡邊峻郁さんは『シンデレラ』で組むのははじめてなんですね。

 

おなじみの「3分でわかるシリーズ」。この日の公演と同じく米沢唯さんと井澤駿さんの映像。

www.youtube.com

 

『シンデレラ』の光と闇

はじめてバレエの『シンデレラ』を観た時、私の中の「シンデレラ」のイメージと、プロコフィエフの音楽がどうもしっくりこなかったのです。(はじめて観たのは、パリ・オペラ座バレエ団のヌレエフ版で、作品自体も相当変化球だったということもありますが。)

美しいけれど、ちょっと不安を掻き立てるような旋律。ディズニーの「シンデレラ」のイメージで、このバレエを観にきた小さなお子さんたちが、ちょっと怯えそうな曲もありますよね 笑。

でも何回か観るうちに、やはりこの音楽は『シンデレラ』にぴったりだと感じるようになりました。

『シンデレラ』は夜の物語。深い闇があってこその美しい星の輝き。そんなことを思わせるプロコフィエフの音楽を、今回も堪能しました。

ふたりの義理の姉たちはバランスが絶妙

アシュトン版といえば、男性ダンサーが意地悪な義理の姉たちを演じるのが特徴。初演ではアシュトン自身が演じたことでも知られています。

この日の義理の姉は、清水裕三郎さん、福田圭吾さん。2人とも初役(デビューは5月1日の公演)とは思えない弾けっぷりでした。日本の客席って笑いが起きにくいと思うのですが、もっとウケていいと思う!

大柄でドラァグクィーン的な雰囲気の清水裕三郎さんと、小柄でキュートな福田圭吾さん。おふたりのバランスも絶妙でした。

義理の姉たちに絡む、ダンス教師、仕立屋、洋服屋、靴屋、床屋、宝石屋も演技力が要求される役。なかでも気取ったダンス教師役の原健太さんがよかったです。

仙女、四季の精、星の精に見惚れる

シンデレラの家に仙女が現れたあと、四季の精がひとりずつ踊るシーン。舞台後ろの紗幕が1枚ずつ上がっていき、それぞれの四季に合わせた背景になるという美術が印象的でした。

上半身を柔らかく大きく動かし、下半身はスピーディーにステップを踏む。アシュトンの振付の特徴がよくあらわれている仙女や四季の精たちの踊り。

仙女の細田千晶さん、四季の精の広瀬 碧さん、渡辺与布さん、奥田花純さん、中島春菜さん。いろいろな公演での活躍を観てきているダンサーたちですが、上半身の表情の豊かさに磨きがかかった気がしました。長年アシュトンの振付を踊ってきた吉田都芸術監督の指導の賜物でしょうか。

シャープで鋭い動きが多い星の精たちの踊りも、キラキラと瞬く星のようで美しかった。新国立劇場バレエ団の群舞の素晴らしさを再認識しました。

米沢唯さんと井澤駿さんの安定感

米沢唯さんはいつもながら安定感がすごい。どんなポーズもどんなパも、決まるべきところにピタッと決まる感じが、観ていて気持ちがいい。

米沢さんのシンデレラはいじめられて可哀想という感じはあまりないんですよね。「いろいろあるけど、まあいいか」みたいな強くてドライなシンデレラ。好みは分かれるかもしれませんが、私は好きです。アシュトン版にもあっている気がします。

一方、井澤駿さんは情熱的な王子。シンデレラを見る視線や、12時になって帰ろうとするシンデレラを必死で探し回る姿にも熱いものを感じました。王子としての佇まいもさらに磨きがかかった印象。

最後に結ばれたふたりが着ている白に水色のサッシュをかけた衣裳がとても美しかった。

素敵すぎる王子の友人たち

舞踏会のシーンには王子の4人の友人が登場。この友人たちは四季の精のエスコート役も務めます。

高身長でノーブルなこの4人、素敵でした。この辺のダンサーの層の厚さは、さすが新国立劇場バレエ団という気がする。個人的に注目の中島瑞生さんを久しぶりに観られたのも嬉しかったです。別の日に王子を踊った渡邊峻郁さんの弟さん、渡邊拓朗さんも高貴な佇まいで、こういう役がとても似合いますね。

 

おわりに

『ロミオとジュリエット』からの『シンデレラ』。プロコフィエフの代表作を続けて観る機会なんてなかなかない。私の今年のGWはプロコフィエフ祭りでした。

 

東京バレエ団『ロミオとジュリエット』の感想はこちら↓

www.balletaddict.com

 

なんと、『シンデレラ』を1969年の英国ロイヤル・バレエの公演収録した貴重な映像!

主役にはアントワネット・シブリーとアンソニー・ダウエル。アシュトン自身がシンデレラの意地悪な義理の姉役を演じています。

2022年6月19日までセール中↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロコフィエフ: バレエ『シンデレラ』シブリー、ダウエル [DVD]
価格:1790円(税込、送料別) (2022/5/6時点)

 

★最後までお読みいただきありがとうございました。

東京バレエ団 秋山瑛×池本祥真『ロミオとジュリエット』【バレエ鑑賞メモ】

東京バレエ団のジョン・クランコ版『ロミオとジュリエット』を鑑賞しました。

5月1日(日)の秋山瑛さん、池本祥真さん主演の公演。はじめて観たジョン・クランコ版『ロミオとジュリエット』に心奪われました。

東京文化会館では「上野の森バレエホリディ2022」が開催中。華やかな雰囲気のなかでの公演でした。

公演概要

東京バレエ団「ロミオとジュリエット」全3幕

振付:ジョン・クランコ

音楽:セルゲイ・プロコフィエフ

装置・衣裳:ユルゲン・ローゼ

指揮:ベンジャミン・ポープ

演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

【キャスト】

キャピュレット公:木村和夫

キャピュレット夫人:伝田陽美

ジュリエット:秋山瑛

ティボルト:鳥海創

パリス:南江祐生

乳母:坂井直子

 

モンタギュー公:和田康佑

モンタギュー夫人:二瓶加奈子

ロミオ:池本祥真

マキューシオ:生方隆之介

ベンヴォーリオ:玉川貴博

 

ヴェローナの大公:中嶋智哉

僧ローレンス:岡﨑司

ロザリンド:加藤くるみ

ジプシー:政本絵美、中川美雪、髙浦由美子

カーニバルのダンサー:ブラウリオ・アルバレス、鈴木理央、工桃子、海田一成、山下湧吾

【上演時間】

第1幕:14:00 - 14:55

休憩:20分

第2幕:15:15 - 15:45

休憩:20分

第3幕:16:05 - 16:45

2014年にジョン・ノイマイヤー版『ロミオとジュリエット』を上演した東京バレエ団が、新たに取り組んだジョン・クランコ版『ロミオとジュリエット』。

今回の主演は沖香菜子×柄本弾、足立真里亜×秋元康臣、秋山瑛×池本祥真の3組。沖香菜子×柄本弾組はジョン・ノイマイヤー版でもタイトルロールを踊っています。

この日の主演、秋山瑛さんと池本祥真さん。東京バレエ団のインスタグラムより。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

東京バレエ団(@tokyoballet_official)がシェアした投稿

 

公演パンフレットによると、1962年にジョン・クランコがシュツットガルト・バレエ団で『ロミオとジュリエット』を初演してから、今年でちょうど60年。(1958年にミラノ・スカラ座がジョン・クランコに振付を依頼した『ロミオとジュリエット』を上演していますが、屋外円形劇場での公演だったため、演出上の制約があったとのこと。)

 

3月のシュツットガルト・バレエ団の来日公演の時に実現したという、シュツットガルト・バレエ団芸術監督タマシュ・デートリッヒへのインタビュー動画が、東京バレエ団のYouTubeチャンネルにアップされています。

彼の人生を変えたジョン・クランコ版『ロミオとジュリエット』と、ジョン・クランコ作品の魅力について語っている感動的なインタビューです。

www.youtube.com

音楽、踊り、ドラマの一体感が素晴らしいジョン・クランコ版

群舞も含めてたっぷりと踊りを観せてくれるにもかかわらず、物語の展開はスピーディー。ラストに向かって駆け抜けるような、疾走感あふれる構成がとにかく素晴らしかった。

ロミオとジュリエットが出会ってからの高揚感、恋の切なさがロマンティックに描かれているのも印象的。それだけにラストの悲劇が胸に迫ります。

公演パンフレットの中で芸術監督の斎藤友佳里さんが「マクミラン版もノイマイヤー版も素晴らしい「ロミオとジュリエット」だと思いますが、観るたびに、クランコ版はその原点となる作品だなと感じます」と語っているのもうなずけます。

印象に残った点をあげてみます。

ユルゲン・ローゼの空間構成が秀逸

衣裳・舞台美術は『オネーギン』でもおなじみのユルゲン・ローゼ。

舞台の奥の高い位置に回廊があり、場面によって、町の橋梁、キャピュレット家の柱廊、ジュリエットの部屋のバルコニー、ジュリエットの遺体が安置される地下霊廟と変化していくさまが見事。(熊川哲也版にも同様の回廊のセットがありましたが、こちらが本家なのですね。)

回廊は舞台空間を上下2層に分けているだけでなく、回廊のうしろにも空間があり(どのくらいのスペースがとられているのだろう…)、舞台の手前と奥を2分する役割もはたしています。

一目で惹かれあったロミオとジュリエットが、舞踏会を抜けだしてキャピュレット家の庭でふたりで踊るシーンでは、柱廊の後ろ側、紗のカーテン越しに舞踏会を楽しむ人々の姿が見えています。舞踏会の音楽や人々の笑いさざめく声が聞こえてきそうな情景のなかで、お互いの姿しか見えなくなっているロミオとジュリエットが踊るシーンが、なんとも美しかった。

最後の3幕4場は、暗闇のなかジュリエットの棺が、回廊の奥?上?から地下霊廟に下されるシーンからはじまります。全貌はよく見えなかったのですが、あれはどういう仕掛けになっていたのだろう?暗闇のなか、ジュリエットの白い顔が浮かび上がり、とても印象的でした。

絢爛豪華な舞踏会シーン

1幕のキャピュレット家の舞踏会の幕開け、有名な「騎士たちの踊り」のシーンは壮観でした。踊りは男性がクッションを手に踊る「クッション・ダンス」。キャピュレット家や客人の白、黒、ゴールド、シルバー、ブロンズの重厚な衣裳がシックで踊りの雰囲気にぴったり。

ちなみに、この舞踏会に紛れ込んでくるロミオ、マキューシオ、ベンヴォーリオの3人組は鮮やかなオレンジ色の衣裳。ダークトーンの人々の中で目立ちすぎてて、誰が見ても闖入者(笑)。

私が観に行った日はではないのですが、ロザリンド役の政本絵美さんのインスタグラム投稿より。ちょっとずつデザインが違うのが凝ってますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Emi Masamoto(@em1msmt_35)がシェアした投稿

 

バルコニーには階段がない!

『ロミオとジュリエット』といえば、バルコニーのパ・ド・ドゥ。ジョン・クランコ版の特徴は、バルコニーに階段がないこと!ジュリエットはロミオに庭まで下ろしてもらい、パ・ド・ドゥを踊った後は、ロミオにリフトしてもらってバルコニーに戻るのです。

パ・ド・ドゥの終盤、ロミオがジュリエットの手を引いて、屋敷の外へと誘うようなところがあるのですが、ジュリエットは「もう戻らなければ」とロミオをとめる。ロミオは、ずっと一緒にいたい気持ちを抑えて、ジュリエットをバルコニーに戻してあげる。このロミオの紳士な態度に、ちょっとうるっとしました。恋は人を大人にする…。

またパ・ド・ドゥ最後のロミオの懸垂シーン(ロミオがバルコニーの縁に手をかけ、懸垂してジュリエットにお別れのキスをするシーン)も、階段がないからこそ必然性が生まれるわけです。

(シュツットガルト・バレエ団のガラで上演されたバルコニーのパ・ド・ドゥでは懸垂シーンは省略されていましたが、たしかバルコニーには階段があったと思う…)

噂の懸垂シーン、はじめて観ましたが、キツそう…。先日シネマで観た英国ロイヤル・バレエ団の『ロミオとジュリエット』の幕間のインタビューで、リャーン・ベンジャミンが1幕のロミオは本当に大変で、バルコニーのパ・ド・ドゥのときには疲れ切っていると話していました。踊り的にはマクミラン版以上に大変そうなジョン・クランコ版。その1幕の最後の最後に懸垂を持ってくるとは…ジョン・クランコ、鬼ですね(笑)

 

英国ロイヤル・バレエ団、マクミラン版『ロミオとジュリエット』の感想はこちら↓

www.balletaddict.com

スパークするカーニバルの踊り

第2幕はヴェローナの街のカーニバルの踊りでスタート。

幕開きの円陣を組んだ状態から、花が開くように踊りはじめるダンサーたち。踊りながら次々とフォーメーションが変わっていくのが見事で、見ごたえのある群舞でした。このシーンの印象は、マクミラン版とかなり違うかも。

ヴェローナの街の人々の赤やオレンジの色彩豊かな衣裳と躍動感あふれる踊りは、第1幕のキャピュレット家のシックで重厚な舞踏会のシーンとの対比が鮮やか。

なぜ僧ローレンスは森にいるのか?

ジュリエットとロミオの結婚に立ち会い、ジュリエットに仮死状態になる薬を渡す僧ローレンスがでてくるシーン。今まで観た他の版なら、たいてい礼拝堂の中のようなセットでしたが、ジョン・クランコ版の僧ローレンスはなぜか森にいる。舞台の上手には、木の枝で組まれたような質素な十字架(お墓?)が。

僧ローレンスのはじめの登場の仕方も独特。手にドクロと薬草?のようなものを入れた籠を持って出てくる。なんでドクロ?これから起こる悲劇の予兆か?と思って観ていたのですが、あとでふと思ったのは「もしかすると仮死状態になる薬の材料!?」ということ。そう思うとにわかに僧ローレンスが怪しい人物に思えてくるんですが…。

気になって、大昔に1度読んだ気がする(でもほとんど記憶にない)シェークスピアの原作「ロミオとジュリエット」を読み返してみようかと、本を買ってみました。

そうしたら原作でも僧ローレンスは薬草の入った籠を手に登場するんですね(ドクロとは書いてなかったけど)。この怪しい感じ、原作に忠実だったということか…。

 

松岡和子さんの新訳を買ってみました。読みやすいです。

ジュリエットの髪を弄ぶロミオに涙

第3幕1場、ヴェローナを追放になったロミオが、ジュリエットの部屋で一夜を過ごし、朝を迎えるシーン。先に目覚めたロミオは、まだ寝ているジュリエットの髪を自分の指に絡めて弄ぶ仕草をします。

そして最後の霊廟のシーン。ジュリエットが死んだと思ったロミオは短剣で自分を刺し(ジョン・クランコ版ではロミオは毒薬ではなく、短剣で自死)、ジュリエットの脇に横たわる。体勢としてはジュリエットの部屋で朝を迎えた時と全く一緒です。そして命が尽きる前に、再びジュリエットの髪を自分の指に絡める仕草をするのです。これは泣けた。

表情は見えなくても、きっとロミオはジュリエットのとなりで微笑みながら死んでいったのだろうと思わせる演出でした。

フレッシュでリアルだった秋山瑛さん、池本祥真さん

この日のジュリエットは、4月にプリンシパルに昇格したばかりの秋山瑛さん。子鹿のような容姿はジュリエットにぴったり。踊りは可憐で生命力に溢れ、伸びやかな手脚が美しかった。

ロミオを演じた池本祥真さんの、クリアで音楽性豊かな踊りも素晴らしかったです。超絶難しそうなクランコの振付も、彼が踊るとその難しさを楽しんでいるかのように見えてしまう。特にロミオ、マキューシオ、ベンヴォーリオの3人組が、キャピュレット家の舞踏会に向かう「仮面の踊り」の場面。トゥール・アン・レール連発の過酷そうな振付ですが、軽やかな回転がすべて音にスパッとハマっていて見事でした。

ジュリエットに出会う前、ロザリンドにちょっかい出しているときのチャラい感じや、ジュリエットに恋したあとの心ここに在らずな感じもリアルでよかったです。

主演のふたり以外では、軽快でひょうひょうとしたマキューシオを演じていた生方隆之介さん、気品のある佇まいが素敵だったパリスの南江祐生さんが印象に残りました。

おわりに

実は東京バレエ団の全幕を観るのは、久しぶりでした。ダンサーの層がかなり若返って、勢いとパワーを感じました。終演後はなかなか拍手が鳴り止まず。とてもいい舞台でした。

3月のKバレエカンパニーの熊川版を皮切りに、シュツットガルト・バレエ団ガラ公演(ジョン・クランコ版バルコニーのパ・ド・ドゥ抜粋)、英国ロイヤル・バレエ団のマクミラン版のシネマと鑑賞してきましたが、今回のジョン・クランコ版で、私の「ロミジュリ祭り」はひとまず終了。(7月の英国ロイヤル・バレエ・ガラでも、バルコニーのパ・ド・ドゥは観られそうですが)

改めて感じたのは、『ロミオとジュリエット』のプロコフィエフの音楽がもつ絶大な力です。素晴らしい演出や振付も、ダンサーの名演も、この音楽に導かれて引き出されるのだなと。

 

マクミラン版ですが、英国ロイヤル・バレエ団の『ロミオとジュリエット』が2022年6月19日までセール中!主演はヤスミン・ナグディとマシュー・ボール。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バレエ『ロミオとジュリエット』プロコフィエフ [DVD]
価格:2490円(税込、送料別) (2022/5/5時点)

 

★最後までお読みいただき、ありがとうございました。

オペラとバレエの違いって?【指揮者 篠崎靖男さんのコラムより】

最近読んで、面白かった記事をご紹介します。

「Business Journal」というWEB媒体に掲載されている、指揮者の篠崎靖男さんの連載記事です。オペラとバレエの違いについて書かれています。

biz-journal.jp

オペラファンとバレエファン、日本ではどれくらいかぶっているんでしょうね?ちなみに私自身はオペラは過去一度観に行っただけ。全くの門外漢です。

指揮者の篠崎靖男さんは、なんと姉、義兄、姪がバレリーナ、とのこと。(親子3人でバレエダンサーということですよね。どなただろう?気になる!)篠崎さんご自身はバレエの指揮は経験がないそうです。

バレエにおける指揮者の役割

記事の中でなるほどと思ったのは、オペラとバレエの指揮は全く別物という話。オペラであれば、演奏者は指揮者のもとで歌手の歌に合わせて演奏します。たとえ公演中に指揮者が倒れても、なんとか演奏は続けられる。

バレエの場合は、演奏者と舞台上のダンサーをつなぐのは指揮者のみ。指揮者に全てが委ねられているわけですね。

素晴らしいダンサーは素晴らしい音楽を生む

さらに印象的だった箇所は、

(前略)…不思議なことに素晴らしいダンサーが踊っている時には、演奏も良くなることが多いのです。

これを読んで思い出したのは、ちょうど今読んでいる「バレエ音楽がわかる本」

この本には、新国立劇場バレエ団公演の指揮などでおなじみの冨田実里さんのインタビューが掲載されています。インタビューの中で、「ダンサーとのタイミングはどのように合わせているのでしょう?」という質問に対して、冨田さんは以下のように語っています。

音楽もダンスも人間が生み出すものだから、お互いのタイミングを合わせることは「呼吸のふれあい」なんですよ。素晴らしいダンサーほど、こちらが投げたものをうまく受け止めて返してくれる。

素晴らしいダンサーほどコミュニケーション能力が高く、指揮者ときめ細かくコミュニケーションがとれる。そしてそれが素晴らしい演奏を生むのでしょうね。

『ジゼル』や『白鳥の湖』がオペラだったら…

記事の後半、バレエとオペラの題材の違いや特徴について書かれている部分も面白い。『ジゼル』や『白鳥の湖』がオペラだったら…というくだりにはちょっと笑いました。確かに、オデットが歌詞にのせて自分の身の上を朗々と歌い上げたりしたら、あの切ない美しさは表現できない気がします。

おとぎ話などを素材にしながらも、深く観客の感情に訴えかけ、イマジネーションをかきたてるような作品を創ることができるのが、言葉を発しないバレエという芸術のひとつの特徴。一方オペラは歌詞によって物語を進められるので、生身の人間の愛憎や歴史や社会問題にも鋭く切り込めるのが特徴とのこと。なるほど。

特に古典作品では「ストーリーとしてはどうなんだろう??」と思うバレエはたくさんありますが、それで感動が損なわれることはない。

さらに付け加えるなら、バレエでは言葉を使わずに、人間の葛藤、歴史や社会問題を描くこともできる。『オネーギン』『椿姫』『うたかたの恋』…数々の素晴らしい作品が証明していると思います。

こうして改めて考えると、「バレエという表現には無限の可能性がある!」と思ってしまうのは、バレエファンの身びいきでしょうか?

 

★最後までお読みいただきありがとうございました。