ballet addict

大人バレエを思いっきり楽しむための情報ブログ

【バレエシネマ情報】英国ロイヤル・オペラ・ハウス・シネマ 2019/20 コッペリア

f:id:logue5:20200107132237j:plain

英国ロイヤル・オペラ・ハウス・シネマ シーズン2019/20、バレエ作品第2弾「コッペリア」の上映が1月24日(金)にスタートします。バレエ公演を3,700円という価格で大きなスクリーンで鑑賞できるのは嬉しい限り。鑑賞前に知っておきたい情報をお届けします。

 

1作品目「コンチェルト/エニグマ・ヴァリエーション/ライモンダ 第3幕」のトリプルビルは1月23日(水)まで上映中。1作目の鑑賞レポートはこちらの記事に。

 

www.balletaddict.com

上演概要

上演期間

2020年1月24日(金)〜2020年1月30日(木)

*札幌のみ2月7日〜2月13日

上演劇場

東宝系全国12館。上映館は以下に掲載。

コッペリア | 「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン」公式サイト

上演スケジュール

上演時間 2時間57分

解説+インタビュー 18分

第1幕 38分

休憩 12分

解説+インタビュー 13分

第2幕 32分

休憩 12分

解説+インタビュー 14分

第3幕 38分

*上映開始時間は劇場により異なり、通常上映が始まる週の火曜日ごろ発表になります。

作品概要

振付:ニネット・ド・ヴァロア
音楽:レオ・ドリープ
【キャスト】

スワニルダ:マリアネラ・ヌニェス
フランツ:ワディム・ムンタギロフ
コッペリウス博士:ギャリー・エイヴィス
市長:クリストファー・サウンダース
宿屋の主人:エリコ・モンテス
スワニルダの友人:ミカ・ブラッドベリ、イザベラ・ガスパリーニ、ハンナ・グレンネル、ミーガン・グレース・ヒンキス、ロマニー・パイダク、レティシア・ストック
ペザント女性:マヤラ・マグリ
公爵:ルーカス・ビヨルンボー・ブレンツロド
オーロラ(曙):クレア・カルヴァート
祈り:アネット・ブヴォル

 

主人公スワニルダと恋人フランツの、コッペリウス博士が作った美しい人形コペッリアをめぐる騒動を描くロマンチックコメディー。ドリープの美しい曲にのせて、コミカルな人形振りから民族舞踊、3幕のディベルティスマン、おなじみのグラン・パ・ド・ドゥまで、幅広い踊りが楽しめるバレエです。

初演は1870年のパリ・オペラ座ですが、英国ロイヤル・バレエ団のレパートリーはバレエ団創設者で振付家のニネット・ド・ヴァロア版。初演は1954年です。

天性の明るさをもつマリアネラ・ヌニェスはスワニルダのイメージぴったり。ムンタギロフの人いい青年フランツもはまりそう。そしてロットバルト、ドッロセルマイヤーなどの濃い役ならこの方、ギャリー・エイヴィスが演じるコッペリウス博士も楽しみです。

【30秒で読めるあらすじ】

スワニルダの婚約者フランツは、発明家コッペリウス博士の家の窓辺で見かけた美少女コッペリアの姿が気になっている。スワニルダはやきもちを焼くものの興味津々で、友人たちとコッペリウスの工房に忍び込み、コッペリアも人形であることを発見する。スワニルダたちはコッペリウスに見つかって追い出されるが、スワニルダは隠れてコッペリアに変装する。コッペリウス博士は工房に忍び込んだフランツに一服盛って眠らせ、彼の魂をコッペリアに乗り移そうとする。スワニルダは息を吹き込まれたコッペリアのふりをして、フランツを救い出す。スワニルダとフランツは村人に祝福され、結婚式を挙げる。

 

こちらは英国ロイヤル・バレエ団の紹介動画。

芸術監督のケビン・オヘア、バレエマスターのクリストファー・カー、キャストのマリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ、ギャリー・エイヴィスらが出演しています。

フォークロア調の衣装がすごく可愛い。初演当初からの美術はイギリスの漫画家・建築史家・舞台デザイナーのオスバート・ランカスターのデザイン。

www.youtube.com

 

こちらはリハーサル映像。スワニルダはマヤラ・マグリ、フランツはセザール・コラレス!このパワフルなペアの「コッペリア」も観てみたいです。

www.youtube.com

 そしてこちらはコッペリア座談会!

ダーシー・バッセルの司会でメール・パーク、マリアネラ・ヌニェスがコッペリアの魅力を語ります。メール・パークは1960年代から70年代に英国ロイヤル・バレエ団で活躍していたプリンシパル。ヌレエフとも踊っていた方です。ニネット・ド・ヴァロアの写真や、吉田都さんが演じるスワニルダの友人役として10代のマリアネラ・ヌニェスが出演した舞台の写真など貴重な資料も。

www.youtube.com

 

おわりに

「コッペリア」に続く、シネマ シーズン2019/20のバレエ3作品目「眠りの森の美女」は5月上旬の上演予定。収録日にはローレン・カスバートソンの怪我により、金子扶生さんがオーロラを踊ったようですね。金子扶生さんのオーロラも楽しみですが、カスバートソンの怪我は心配…。1月31日からのガラ公演「輝く英国ロイヤルバレエのスター達」に出演予定ですが、来日できるのでしょうか…

 

こちらはヴァロア版「コッペリア」のDVD。

リハーサル映像の中で指導をしているリャーン・ベジャンミンがスワニルダを演じています。フランツはカルロス・アコスタです。

 

 

★最後までお読みいただきありがとうございました。